人間には誰にでも得意なことと苦手なことがあります。
エンジニアは開発業務は得意かもしれませんが、営業が苦手だという人は多いと思います。
それは営業とエンジニアの仕事が正反対の仕事だからかもしれません。

エンジニアの仕事は座って業務をすることがほとんどです。ですが営業はやはり外回りの仕事です。いくらメールやインターネットが普及しても、足を運ぶ営業が一番成果があがるようです。
全く異なるこの2つの業務を一人でこなすには大変な労力が必要になってきます。

まずエンジニアがフリーになった場合、開発業務をしながら外回りの営業業務をするとなると時間的に限られた期間や時間になってしまいます。顧客の希望する日時に訪問することが難しくなったりするのです。
実際に作品を見てもらっての営業は獲得率が高いそうです。ですから実際に足を運んでの営業になるのですが、フリーエンジニアにはハードルが高い業務になってしまいます。
ではどうすれば仕事に困らないのでしょうか。

最近多いのは、同じようにフリーで働いている人とパートナーを組むことです。
営業ができるけれど開発業務は出来ない、といった営業とフリーエンジニアがパートナーを組むのです。
営業がとってきた仕事に対しての報酬などはお互いに話し合って決めておくと良いでしょう。

最初から比率を決めておくのも良いですし、金額にあわせて段階ごとに報酬を決めるケースもあるようです。
自分の得意なことと苦手なこと。そのことをしっかりと自分の中で受け止めて、苦手な分野を誰かの手を借りることもフリーエンジニアには必要なことではないかと思います。
なんでも一人で出来ればよいのですが、一人で出来ることには限界があります。