フリーエンジニアになって大切な人との繋がりがあります。それは同業者との繋がり、よく言われる「横の繋がり」というものです。
同じ同業者でも得意な分野や苦手な分野があります。
自分自身の得意分野や苦手分野もしっかり把握しておくことが必要ですが、自分の苦手分野の開発業務を依頼できる同業者、また自分の得意分野の開発業務を回してくれる同業者がいるとどうでしょうか。
仕事の幅も広がりますし、業務にかかる時間も短縮することが出来ます。

また開発業務をしながらの営業業務をするのも大変な労力ですが、自分の苦手分野での開発業務も時間がかかったりとデメリットが大きくなります。
ですが助け合うことが出来るパートナーがいればこの労力が少なくてすみます。そして自分の得意分野の業務も増えてきますので、効率が良くなります。
せっかくフリーエンジニアになったのに、他の人とパートナーを組むのは企業に勤めているのとあまり変わりがないと感じるかもしれませんが、全てを自分で行うデメリットえを考えるとメリットの方が大きいと思います。

また企業ではないので支払うのも支払われるのも給料ではありません。報酬ですから、仕事を受注したときや発注したときに報酬額を決めて取引をすることが出来ます。
このように同業者と横の繋がりを大切にすることで、仕事に困らないフリーエンジニアとして活躍することが出来るのではないかと思います。
同等の立場で仕事を助け合うことが出来る同業者のパートナーでチームを作る、と考えると分かりやすいかもしれません。

自分の中でのチーム作りをして、得意分野がそれぞれ異なった同業者と連絡をとり、パートナーになることが出来れば、かなり仕事も安定すると思います。